前回のあらすじ
元気だった時のなお先生は,日頃どんな仕事をしていたのでしょうか。
「朝補習」「職朝」「SHR」が終わりました。次は…


登場人物紹介
 なお …高校の数学教員。病休前でまだ元気だった頃のお話。
 jinbutsu_nao

前回の記事「朝補習だぞ!なお先生【日常の仕事①】」の続きです。


*****************************
病休中のなお先生の初日の様子はこちら(全3話)。


病休に至るまでの流れは「発病・受診編」(全13話)

お時間がある方はぜひご覧くださいませ。
*****************************

漫画の後,補足説明を詳しくつけております。
教員の仕事を詳しく知りたい方はお読みいただければ幸いです。
もちろん,漫画だけお読みいただいてもうれしいです。

020_1

いつも見ていただき本当にありがとうございます
♡ぜひ読者登録お願いします(*´꒳`*)♡↓
LINE


*****************************
病休中のなお先生の初日の様子はこちら(全3話)。


病休に至るまでの流れは
「発病・受診編」(全13話)

お時間がある方はぜひご覧くださいませ。
*****************************



補足説明

まず初めに,ここでご紹介している話は,あくまでなお先生の職場の高校の事例です。すべての高等学校教員が同じ環境にあるわけではないということはご理解ください。

やはり教員たるもの授業で勝負です。一番力を入れて取り組まなければなりませんが,この授業の準備がなかなか大変なんです。

よく誤解されているのですが,先生方は何の準備もせず,ぶっつけ本番で授業をしているわけではありません。

確かに数学の公式や解き方は頭に入っていますし,問題だって教科書レベルならすぐに解けますが,

「分かっている事と,人に教える事とは別」

でして,自分の知識や技術を,いかに生徒に分かるように説明するかが教員の腕の見せ所となります。

そのために,黒板に書く順番や質問の投げかけ方,問題の工夫やプリント作成等,1時間の授業をするために,本当は2時間程度時間が欲しいくらいです。最近は数学でもグラフィックソフトや計算アプリを使うことが増えてきましたが,古典的に模型を作ったりすることもあり,それらの準備も時間がかかります。

数学に限らず,高校の授業内容は専門的ですから,どの教科でも同様に,授業準備をしっかりしないと授業中に教員自身が「あれ?これなんだっけ?」と恥をかくことも多いです。

私の学校は地方校なので生徒の学力差が大きく,最難関国立大学を目指す子もいれば,地元の専門学校になんとか合格できるかどうか,という子もいて,1つのクラスの中でも数学が得意な子,苦手な子がいます。

得意な子に合わせた授業をすると,苦手な子は全くついて来れませんし,苦手な子に合わせると得意な子は退屈すぎて居眠りを始めます。

様々な学力の生徒が1つのクラスにいて,一律に授業をしなければならない…
これは多くの地方校が抱えている現実のようです。

苦労して準備をする授業ですが,なかなか満足のいく授業はできません。
終わった後,ああすればよかったかな,と反省ばかりです。






本日も最後までご覧いただき,ありがとうございました。