前回のあらすじ
元気だった時のなお先生は,日頃どんな仕事をしていたのでしょうか。
部活が終わりを見届け,職員室に戻りたいなお先生ですが…


登場人物紹介
 なお …高校の数学教員。病休前でまだ元気だった頃のお話。
 jinbutsu_nao

*****************************
「日常の仕事編」を最初から読みたい方はこちら。


病休に至るまでの流れは「発病・受診編」(全13話)

お時間がある方はぜひご覧くださいませ。
*****************************

漫画の後,補足説明を詳しくつけております。
教員の仕事を詳しく知りたい方はお読みいただければ幸いです。
もちろん,漫画だけお読みいただいてもうれしいです。

025_1

いつも見ていただき本当にありがとうございます
♡ぜひ読者登録お願いします(*´꒳`*)♡↓
LINE
*****************************
「日常の仕事編」を最初から読みたい方はこちら。


病休に至るまでの流れは「発病・受診編」(全13話)

お時間がある方はぜひご覧くださいませ。
*****************************



補足説明

まず初めに,ここでご紹介している話は,あくまでなお先生の職場の高校の事例です。すべての高等学校教員が同じ環境にあるわけではないということはご理解ください。

教員の仕事において,保護者との協力は欠かすことができません。

私の勤務する学校ではいまだに「学級連絡網」が存在していますが,最近は個人情報保護の観点からあまり連絡網を配布しなくなってきているようです。

とはいえ,緊急連絡が必要な場合に備え,教員と保護者はお互いの連絡先を知っている場合が多く,生徒の情報交換等,緊密に連絡を取り合う場合もあります。

緊急の場合はやむを得ないとはいえ,生徒・保護者・教員が相互にプライベートの連絡先を知っている,というのは,あまり好ましいことではないようにも思えます。しかし,実態として電話やメール,SNSで連絡を取り合うことは多いです。

手軽に連絡できるツールが増えてしまった分,昔よりも「気軽に」連絡してくる保護者は増えました。
もちろん,教員側も気軽に連絡を取ってしまい,保護者の方から迷惑に思われている場合もあるかも知れません。

「えっ!?こんなことで電話してくるの?」

「は?こんな大事なことをLINEで済ませるの?」

といったトラブルも増えたような気がします。




さて,勤務時間は過ぎているというのに,一向に自分の仕事ができないなお先生,いったいいつ帰ることができるんでしょうか…



本日も最後までご覧いただき,ありがとうございました。