前回のあらすじ
元気だった時のなお先生は,日頃どんな仕事をしていたのでしょうか。
もう遅い時間なのに,部活や保護者対応でちっとも自分の仕事が進みません。


登場人物紹介
 なお …高校の数学教員。病休前でまだ元気だった頃のお話。
 jinbutsu_nao
*****************************
「日常の仕事編」を最初から読みたい方はこちら。


病休に至るまでの流れは「発病・受診編」(全13話)

お時間がある方はぜひご覧くださいませ。
*****************************

漫画の後,補足説明を詳しくつけております。
教員の仕事を詳しく知りたい方はお読みいただければ幸いです。
もちろん,漫画だけお読みいただいてもうれしいです。

026_1

いつも見ていただき本当にありがとうございます
♡ぜひ読者登録お願いします(*´꒳`*)♡↓
LINE

*****************************
「日常の仕事編」を最初から読みたい方はこちら。


病休に至るまでの流れは「発病・受診編」(全13話)

お時間がある方はぜひご覧くださいませ。
*****************************



補足説明

まず初めに,ここでご紹介している話は,あくまでなお先生の職場の高校の事例です。すべての高等学校教員が同じ環境にあるわけではないということはご理解ください。

「校務分掌」というのは,学校活動で生じる様々な業務を教職員全体で分担する仕組み・役割分担の事です。担任や副担任といった業務の他にも,学校によって名称は違いますが,教務部,生徒指導部,進路指導部,保健部,事務部があり,それぞれ主任や細かい係チーフが任せられます。

一昔前と比較すると,技術や社会制度も進歩し,教員が担うべき任務は増えました。校務分掌で教員が負うべき仕事量も増えた気がします。

私の体感的には授業と校務分掌(部活を除く)の比率は4:6といったところでしょうか…

自宅に仕事を持ち帰る毎日です。




日常の仕事編はちょっとここで一休み。次回はちょっと話題を変えたいと思っています。


本日も最後までご覧いただき,ありがとうございました。