連載の途中ですが,ちょっとタイムリーなお話を・・・

【↓↓ここから本編です↓↓】
137_1

恥ずかしながら,クリスマスイベントにはもともと縁のない私。
ふといつも世話になっている人たちの顔が思い浮かび,気が付けばいつも心配をかけている両親に電話していました。
大切な人に思いをはせる,そんなクリスマスも素敵だと思います。

137_2

そんなつもりはなかったのですが,両親にとってはサプライズとなったようで・・・
喜んで(?)もらえたようでした。
電話恐怖症の私ですが,勇気を出してかけてよかったです。


本日も最後までご覧いただき,ありがとうございました。